ECO OPTION | ご提案エコオプション

地中熱ヒートポンプ冷暖房システム

年間を通して安定した地中熱を
有効利用。地中から採熱し、
冷暖房に活かします。
地中100m~200mまで伸びる熱交換器を設置。
不凍液を媒介とし、ヒートポンプにより熱量を調節して
冷暖房などへ地中熱を利用します。
冬は採熱、夏は放熱。これにより年間を通じて
冷暖房にかかるコストを削減します。
地中熱を利用する
自然エネルギー
普遍的で、どこにでもある地中熱を有効活用することで、省エネ性や経済性など環境にも暮らしにもやさしいシステムを実現。
クリーン
ルームエアコンなどと異なり、冷房の熱を外気に放出しません。また化石燃料も使用しないのでCO2の排出量も削減できます。
熱量の安定供給
地中熱は他からの原因による温度変動がないので、年間を通じて安定した熱供給が得られます。
オール電化住宅に最適
電気の力による冷暖房システムなので、安全快適なオール電化住宅に最適です。

地中熱ヒートポンプ冷暖房システムの構造

ヒートポンプとは熱(Heat)を汲み上げる(Pump)ことから名づけられている通り、温度の低いところから温度の高いところへ熱を移動させる仕組みのことです。
温度の低いところから温度の高いところへ熱を移動させる動力は、水ポンプにおける高低差と必要動力の関係と同じように、温度差が増えれば増えるほど大きくなります。地中熱は外気温に比べて室内との温度差が小さいため、必要な動力が小さくなります。

【冬】暖房サイクル

地中からの採熱温度は0~10℃
地中から吸収したエネルギーを圧縮・高温化させて使用電力の数倍の暖房エネルギーを作ります。
厳寒期でも安定している地中熱を用いるヒートポンプ方式です。
暖房サイクルのしくみ
地中熱ヒートポンプは、使用電力の約4倍の
暖房エネルギーを作ります。
※この割合は、暖房用温水温度と地中熱温度により変動します。
地中エネルギー【3】+電気エネルギー【1】 → 暖房エネルギー【4】

【夏】冷房サイクル

地中からの採熱温度は20~30℃
室内の熱を地中に戻すことにより冷水を作り出す冷房システムです。
空気熱源エアコンとは異なり、冷房排熱を外気に放出しません。
0000冬期に汲み上げた地中熱エネルギーを夏期に戻しますので、より地中エネルギーの安定化が図れます。
冷房サイクルのしくみ

弊社施工実績[空土間の家]
OUR WORKS

基礎工事の前に敷地内にてボーリングをし、熱交換のチューブを入れる、「ボアホール方式」を採用。さらに各部屋内の冷暖房はふく射冷暖房を採用。リビングの操作パネルのスイッチで、家中の室内温度を制御します。

▲熱交換器設置の様子

▲システムを管理する機械室

LIVING ROOM
操作パネル

ふく射冷暖房パネル
弊社実績「ECOROGY HOUSE」は地中熱ヒートポンプシステム、太陽光集熱システム、ふく射冷暖房を併用して建設されています。
太陽熱集熱システム
PASSIVE SOLER SYSTEM
ふく射冷暖房
RADIATIVE SYSTEM

地中熱ヒートポンプの有効性

地中熱ヒートポンプシステムは、年間で暖房に使用するエネルギーによる二酸化炭素量を大幅に減らすことができます。日光照射時間の短い雪国でも、地中の熱エネルギーは常時使用できる。これが地中熱ヒートポンプシステムの最大のメリットと言えます。

■一戸当たりの年間暖房エネルギー比較
CO2排出量ton-CO2/年

●シミュレーション条件(サンポット社試算による)
・延床面積/木造住宅 125㎡
・熱損失係数(Q値)/札幌 1.6W/㎡K、東京 2.7W/㎡K (次世代省エネルギー基準相当)
・暖房負荷は暖房度日法により計算(室温20℃、全室24時間暖房)

●使用した原単位
電気・灯油:環境省地球環境局 『地球温暖化対策地域推進計画策定ガイドライン第3版』による
ガス:北海道ガス株式会社(札幌の場合)、東京ガス株式会社(東京の場合)による
1次エネルギー換算: NEDOエネルギー関連資料(平成22年)