ECO OPTION | ご提案エコオプション

太陽熱集熱システム

建築的な方法や工夫によって
太陽エネルギーを利用します。
建築的な方法や工夫によって太陽エネルギーを
利用する「パッシブソーラーシステム」。
最大の特徴は熱の力を自然のまま利用し、
しかも汚れを生まないこと。
太陽熱をいったん床下に蓄える
「土間蓄熱」は、太陽の熱をフルに活用し、
電気代を大幅に減らす新システムです。
太陽熱を利用する
日本の民家に学ぶ
昔ながらの日本の建築には日本の気候に合う根拠があります。ぬれ縁や土間など屋外に対して開放的で、自然と共生する住まいを目指します。
呼吸による調湿
呼吸する家を調湿で創る試み、呼吸する壁を提案しています。土壁などの優れた調湿力でカビ・腐朽菌・蟻害に強い家造りを考えます。
加圧式全熱交換換気
給気と排気は熱交換換気扇により熱回収されます。さらに換気システムは床下にも換気が行き渡りカビが生えにくい設計です。
断熱+遮熱
「羊毛」「ウッドファイバー」「セルロースファイバー」などのエコ断熱材は「断熱」という単一機能だけでなく、防音・調湿機能も備えています。

太陽熱集熱システムの構造

太陽光パネルは高温になると変換効率が下がります。夏場の暑い日射は屋外に逃し、夜の冷気を土間に蓄冷。
太陽光パネルの発電効率も上がります。冬場は太陽熱を土間に蓄熱します。
地下10mの地熱は年間平均気温です。地下5mの地熱は半年ずれて、夏が冷たく、冬が暖かい。この性質を活かします。

01 屋根
金属の網と不織布で作られた「通気メタル」を屋根の下に敷くことで、集熱空気の通り道を創ります。
また、接地面に隙間を作り通気をすることにより、太陽光パネルの温度を下げ、効率を高める働きもあります。
屋根写真
02 屋根裏
夏は昼の屋根の熱気を廃熱し、夜の冷気を土間に蓄える採涼システム。冬は昼の屋根の熱気を床下に蓄え、穏やかに室内を暖める採暖システムに。この配管を壁内にめぐらせ、家全体の温度調節をします。
屋根裏写真
03 土間
床下空間は、夏は蓄冷層、冬は蓄熱層。 木造建築は熱容量が少ないので、コンクリートの巨大な蓄熱層を設け、屋根裏から集熱した熱を一旦蓄えます。基礎も大きく厚くなりますので、構造体も強くなります。
01 太陽電池パネル
SOLAR SYSTEM
02 地中熱ヒートポンプシステム
GEOTHERMAL HEAT PUMP SYSTEM
03 ふく射冷暖房
RADIATIVE SYSTEMS

弊社施工実績[空土間の家]
OUR WORKS

操作パネルのスイッチで、家中の室内温度を制御。
トイレや脱衣場も一環して家全体を暖めることができるため、ヒートショック防止にもなります。
各部屋の床に開いた送風口から空気を循環させます。エアコンを設置しないので室内の景観も良く、スッキリ。

LIVING ROOM
太陽光集熱システム操作パネル

TOILET
天井送風口/床送風口

夏の屋根温度について

真夏、さんさんと太陽光を浴び続けるの屋根の表面温度は、なんと80℃以上にもなります。
太陽光をたくさん浴びて太陽光パネルはさぞ発電するだろうと思いきや、実は太陽光パネルは屋根の温度が高温になると、発電効率が下がってしまうのです。
さらに、真夏の屋根裏の室内温度は60℃にまで達する日もあります。いくらクーラーを付けても、屋根裏に溜め込んだ暑い空気のせいで家の中はなかなか涼しくならない…。
この熱を廃熱し、夜に土間に蓄えた冷たい空気を循環することで、クーラーを付けずとも快適に過ごせるようになります。家の中の空気を循環させて家中快適にする。これが呼吸する家、パッシブソーラーの家づくりです。

写真