SPEC PLAN | 弊社ご提案仕様

基本構造

人と地球環境にやさしい、
木材や自然素材を厳選しています。
弊社の家づくりは、
基本構造の確かさでも大きな信頼を得ています。
太さと強さで末永く住まいを支え続ける
宮城県産の優良材をはじめ、高性能でエコな断熱材、
健康に配慮した塗り壁材など、高水準な厳選材料と
エコ技術を、標準仕様で備えています。
※弊社、社員の大工による責任施工、監理。

STRUCTURE

  • 長期優良住宅
    対応仕様
    ※申請する場合は別途費用がかかります。
  • 耐震等級3
    [最高等級]
    認定条件:耐震等級2以上
  • 劣化対策等級3
    [最高等級]
    認定条件:劣化対策等級3
木造軸組工法×耐力面材
弊社住宅は木造軸組パネル構造。在来工法に、耐力面材を組み合わせることにより、壁倍率を高めています。
ソーラーパネル、そして屋上の庭園を力強く支え、耐震性能を高めた構造体になっています。
優良宮城県産木材
柱、梁などには、地元宮城県の木材を使用。
“地産地消”の観点から優良な宮城県産材を使うことで地域を活性化、地球の温暖化防止にも貢献しています。
※補助金制度があります。詳しくはお問い合わせください。
宮城県の木材を使おう!
日本の山でよく見かけるスギの木は人間が植林した木です。 しかし、日本の森林は昔ほど使われなくなり、管理や手入れが行き届かなくなってしまった山が多いのです。 伸び過ぎた枝を切ったりしないと、スギの木の下の地面に光が入らずに植物たちが育たない、森の砂漠になってしまいます。 そうなると、森の動物たちの住みかや食べ物が無くなり、山の動物たちは人間の住む里まで下りてきて畑を荒らす事態にも…。 また、スギの木にも寿命があって、50歳くらいになると光合成が弱くなり、酸素を生みにくくなってしまいます。だから、適切な時期に使用し、また植林する。絶えず若い森林を保つことが重要なのです。

きちんと手入れされた森林

間伐されず薄暗い森林